【Libalent】スプラトゥーン部門 Calamariとの契約解消を発表

プロeスポーツチームのLibalentは2020年5月11日、スプラトゥーン部門のCalamariと2020年4月をもって契約解消したことを発表した。Libalent Calamariは「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 2019」でパシフィック・リーグ優勝や様々なスプラトゥーン大会で活躍していた。

尚、Calamariは今後も継続して4人(2438学園選手、あとばる選手、くろすっω・)選手、ぴょん選手)で活動していくことを発表している。

<以下Libalentのお知らせより引用>

2020.05.11

Calamari 契約解消のお知らせ

Libalentが運営するスプラトゥーン部門のLibalent Calamariは、4月をもってLibalentとの契約を解消したことをご報告いたします。

日頃から応援をして頂いたファンの皆様に突然の報告となってしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。

選手と運営側で今後の活動方針について話し合いを進めた結果、Libalentから離れて活動をすることとなりました。

スプラトゥーン甲子園やNPB eスポーツ シリーズ スプラトゥーン2での選手たちの活躍には、我々Libalent運営もファンとして喜びや悔しい気持ちを彼らと共有でき、この2年間、Calamariと一緒に成長することができました。

Libalentを離れますが選手たちはCalamariとして活動をいたしますので、これからも応援頂けますと幸いです。

Calamariを支えてくださったファンの皆様には、深くお礼を申し上げます。

また、今まで活動を支えて頂きましたスポンサー様、全ての関係者の皆様にも改めて深くお礼を申し上げます。

■Libalent Newsページ

Calamari 契約解消のお知らせ

■Calamariメンバーのツイート

今回の契約解消はコロナ感染拡大による「スプラトゥーン甲子園2020」の開催延期や「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 2020」の開催中止など影響があったのかもしれません。ただCalamari自体は人気チームであることは変わらないので、スンナリどこかのプロeスポーツチームの所属になる可能性は高いかもしれません。

2019年11月の「RAGE 2019 Winter」にて撮影

e-Sports TODAY編集部

関連記事

ページ上部へ戻る